bill004

湘南周辺の都市開発について

多様な機能が整った環境

湘南エリアは近年積極的に都市開発を進めてきており、そのために年々環境が変化していっています。
これからもさまざまな方面で開発が進んでいき、より暮らしやすい都市へと進化していくでしょう。
たとえば辻堂駅の北口周辺においては、湘南C-Xとして再開発が進められてきました。

4つのゾーンが想定されて、それぞれ特徴の異なった施設を集めようと整備が行われてきたのです。
これによって土堂駅の北口周辺は多様な機能を持つ環境に変化したのです。
特にテラスモール湘南というショッピングモールには日本初出店となるお店がたくさん集まっています。

連日多くの買い物客を集めており、こちらでしか買えないようなものがたくさんあるのです。
芝生広場のある神台公園や高度な医療サービスを受けることができる湘南藤沢徳洲会病院などもあります。
2016年の秋にはららぽーと平塚がオープンする予定があり、これによってこちらのエリアはますますショッピングゾーンとして充実していくでしょう。

湘南エリアのこれから

湘南エリアはより便利な街となるために交通アクセスの整備も進められています。
たとえば圏央道はどんどん整備が続いており、これが完成すればこちらのエリアの交通はかなり便利となるでしょう。
これからは東京オリンピックの開催に向けて首都圏において交通整備が進んでいるのですが、それはこちらのエリアにも関係しているのです。

オリンピックに向けて鉄道の整備が予定されており、たとえば東海道線では大船駅と藤沢駅の間に新しい駅をつくるという構想があります。
これによって、新しい駅の周辺では都市整備が行われて、より利便性が向上するでしょう。
どんどん再開発が進められていき、エリア全体が都市として良い環境に変化していくのです。

藤沢駅周辺も再開発が進められていて、ペデストリアンデッキをつくったり、駅前広場を再構成する整備などの予定があります。
Fujisawaサスティナブル・スマートタウン構想という開発も進められており、これは再生エネルギーの使用を促進させるためのスマートハウスを新しく建てて、これによってスマート機器を効果的に使えるようにして、エネルギーの地産地消をしようという考え方です。
災害時の備えとしては湘南T-SITEが誕生しており、他にもいろいろな試みが実行されています。
これからの湘南エリアはますます暮らしやすくなることは確実といえるでしょう。