江の島観光!浪漫コースについて

海を思う存分体験出来るコース

江ノ島の浪漫コースは、海を間近に体験できるコースです。
他のコースと比べると、起伏の多いエリアですが、眺望の良い休憩所があるいので、途中でゆったりと休めるようになっています。
自然の残る細い小道もあり、洞窟探検できる岩屋があり、まさしく自然を思う存分体験したい人には最適であり、カップルにもおすすめのコースです。
遊覧船乗り場もありますので、島の階段がきついと感じたら、船を利用するのも良いです。

・恋人の丘

相模湾を望む高台にあり、邪悪な龍が島に現れた天女に恋をして改心し、結ばれたという伝説のある場所です。
ここで金を鳴らずと、カップルの二人は決して別れないと言われています。
また柵には南京錠をかけるような風習もあり、これも二人が結ばれて別れませんようにという願いを込めて行ないます。

・稚児ヶ淵

岩屋の前に広がる広場は、関東大震災の時に隆起したものであり、磯釣りのスポットもなっており、釣り人も多く訪れる場所です。
岩の割れ目からは小さな貝やエビが泳いでいる姿も見ることが出来、子供も楽しめる場所であり、海の生き物と間近に接することが出来ます。
ただ岩は海水などで滑りやすくなっており、フジツボもありますので、怪我には注意しましょう。
また階段脇には「疑ふな潮の花も浦の春」という松尾芭蕉の俳句の石碑もあります。

江の島岩屋

江の島岩屋まで行くには歩いていくか、べんてん丸という船を使うかの2種類あります。
稚児ヶ淵まで行くと、そこからは階段など起伏の多い場所を歩いて30分ほどで向かうか、船に乗って行くか方法があります。
船に乗ると10分ほどで到着し、天気の良い日は富士山も見えます。
行きも帰りも船を使って移動することが出来ます。

さて江の島岩屋は、長い時間をかけて作られた天然の岩屋であり、2つの岩屋で構成されています。
第一岩屋が奥行きが152mあり、第二岩屋が奥行きが56mあります。
昭和46年からはしばらくの間閉鎖されていましたが、再整備が行なわれて、足下もきちんと舗装がされて、平成5年から公開されています。

観光地としても有名でありますが、進行の場所としても有名であり、弘法大師が訪れた、富士山まで続いている、源頼朝が訪れたなど言われています。

内部を見学するときは、約20分ほどで見学でき、年間を通して内部の気温は15度前後と涼しく、夏でも羽織る物を持ってきた方が良いかもしれません。
記念撮影やビデオ撮影は、個人で楽しむ限りは自由に行えます。
またロウソクの貸し出しもありますので、ロウソクの光で進むのも面白いものです。
見学のあとは、そのまま島を歩いて進んでいけば、参道への抜け道もあり、参道でお土産などを買うことも可能です。

江の島観光!浪漫コースについて

海を思う存分体験出来るコース

江ノ島の浪漫コースは、海を間近に体験できるコースです。
他のコースと比べると、起伏の多いエリアですが、眺望の良い休憩所があるいので、途中でゆったりと休めるようになっています。
自然の残る細い小道もあり、洞窟探検できる岩屋があり、まさしく自然を思う存分体験したい人には最適であり、カップルにもおすすめのコースです。
遊覧船乗り場もありますので、島の階段がきついと感じたら、船を利用するのも良いです。

・恋人の丘

相模湾を望む高台にあり、邪悪な龍が島に現れた天女に恋をして改心し、結ばれたという伝説のある場所です。
ここで金を鳴らずと、カップルの二人は決して別れないと言われています。
また柵には南京錠をかけるような風習もあり、これも二人が結ばれて別れませんようにという願いを込めて行ないます。

・稚児ヶ淵

岩屋の前に広がる広場は、関東大震災の時に隆起したものであり、磯釣りのスポットもなっており、釣り人も多く訪れる場所です。
岩の割れ目からは小さな貝やエビが泳いでいる姿も見ることが出来、子供も楽しめる場所であり、海の生き物と間近に接することが出来ます。
ただ岩は海水などで滑りやすくなっており、フジツボもありますので、怪我には注意しましょう。
また階段脇には「疑ふな潮の花も浦の春」という松尾芭蕉の俳句の石碑もあります。

江の島岩屋

江の島岩屋まで行くには歩いていくか、べんてん丸という船を使うかの2種類あります。
稚児ヶ淵まで行くと、そこからは階段など起伏の多い場所を歩いて30分ほどで向かうか、船に乗って行くか方法があります。
船に乗ると10分ほどで到着し、天気の良い日は富士山も見えます。
行きも帰りも船を使って移動することが出来ます。

さて江の島岩屋は、長い時間をかけて作られた天然の岩屋であり、2つの岩屋で構成されています。
第一岩屋が奥行きが152mあり、第二岩屋が奥行きが56mあります。
昭和46年からはしばらくの間閉鎖されていましたが、再整備が行なわれて、足下もきちんと舗装がされて、平成5年から公開されています。

観光地としても有名でありますが、進行の場所としても有名であり、弘法大師が訪れた、富士山まで続いている、源頼朝が訪れたなど言われています。

内部を見学するときは、約20分ほどで見学でき、年間を通して内部の気温は15度前後と涼しく、夏でも羽織る物を持ってきた方が良いかもしれません。
記念撮影やビデオ撮影は、個人で楽しむ限りは自由に行えます。
またロウソクの貸し出しもありますので、ロウソクの光で進むのも面白いものです。
見学のあとは、そのまま島を歩いて進んでいけば、参道への抜け道もあり、参道でお土産などを買うことも可能です。