江の島観光!ハーバープロムナードコースについて

港が満喫できるコース

江ノ島の港を中心として、港付近を散策するコースであり、海が好きな人におすすめです。
山方面は歩かず、平坦で整備された道を歩くので、起伏もなく歩きやすく、小さい子供やお年寄りでも歩きやすいコースです。
また海近くを歩きますので、潮風を間近に感じることが出来、潮の香りの中を歩きます。

・オリンピック記念噴水

昭和39年に東京オリンピックを記念して作られた噴水です。
平成10年のかながわ・ゆめ国体の時に今のような形に再整備されており、このあたりは北緑地という緑地帯となっており、遠足で来た子供がお弁当を食べたり、遊んだり出来る広場となっています。

隣にはトイレもありますので、コースを散策する前に訪れると良いかもしれません。
噴水の中には5体の像があり、これは晩年を藤沢で過ごした故加藤顕清氏の作品です。
噴水の横にはバス停もあり、ここまでバスで来ることも出来ます。
広場の下の方には釣り場もあり、ときどき釣りをしている人もおり、黒鯛などが釣れることもあります。

7月の中旬頃には、八坂神社の神幸祭が行なわれ、神輿が海中に入るので有名なお祭りであり、ここから御輿が海中へと入っていきます。
海に御輿が入るお祭りは有名なので、7月の時期ともなると、いつもと違い大勢の人が海岸線に押し寄せます。

港を散策するコース

噴水の後は、港沿いに散策をしていき、整備された道を歩いていきます。

・センタープロムナード

かながわ・ゆめ国体時のときに整備された場所であり、港を出入りするヨットが並んでいます。
サザエ島はこの付近が埋め立てらる前に、あちこちにあった島の名前であり、サザエの良い漁場であり、磯遊びも出来る場所なので、夏は子供達で賑わいます。

・湘南港ヨットハーバー

東京オリンピックのヨット会場として整備され、ヨットのメッカとして毎年数多くのレースが開催されています。
ヨットに乗りたい方や、初心者のためのアクセスディンギーヨットもあります。
ヨットが好きな方にとっては、とても良い場所でしょう。

・防波堤

平成14年に整備されてからは歩けるようになり、波が岩に当たって砕け散るのをそのまま体験できます。
灯台付近は絶好の釣り場になっており、いつも沢山の釣り人で賑わっています。
夕日と富士山が望める隠れた絶景ポイントともなっています。

・旧市街地

かつての漁師町であった風情のある裏通りであり、場所柄のため釣具屋、磯料理店、民宿などが多くあります。
食料品店や雑貨屋なども今もあり、懐かしさを感じさせます。
途中には島の頂上方面の抜け道があります。
散策はここでコースの終点となりますが、時間があればそのまま頂上方面へ行き、展望台に上って景色を見るなども出来ます。